トップページ » 体験者レポート » まさにアドベンチャー!自分たちの手で作り上げる家づくり
体験者レポート 永住田舎暮らし

まさにアドベンチャー!自分たちの手で作り上げる家づくり

 
歳をとってから田舎暮らしが夢だったと語る大谷さんご夫婦。当初は通いでのリフォームも、本格的にキャンピング仕様の車で住み込みながら、業者に頼らず自分たちの手でリフォームを仕上げられたとのこと。当時のご苦労や現在の暮らしぶりについてお伺いさせていただきました。

 ◆こちらの物件を決めた理由は?
 もともと歳をとってからは田舎暮らしをしたいと若い頃から思っていたので連休中に暇つぶし程度で物件を見に行ってみたんです。10件ほど家を見させてもらったなかで、この家の庭から見える景色に惹かれました。明るく見晴らしがよくて、5月だったので緑がとてもキレイだったんです。しっかりした瓦葺き屋根や部屋の数も良く、広い畑もあるので気に入りました。

庭からみる景色

庭からみる景色

◆引越しされて、現在に至るまでどのように過ごされましたか?
初めは住めるような状態ではなかったので当時住んでいた大阪から通いながらリフォームしていたのですが時間も費用もかかり、なかなか進まなかったので思い切ってこっちに来て半キャンピング仕様の車で寝泊りすることにしました。お風呂は近くの温泉へ行き、トイレは汲み取り式のものを利用していました。
まずは家のまわりに覆い茂って鬱蒼としていた木や竹を切ることからはじめて、腐った床を土台から修復したりと部屋で寝れる状態になるまで2ヶ月かかりました。ほとんど業者には頼まず、設備などの仕事をしていた主人が作業してくれました。ぐらぐらして不安定足場で作業するので見ていて本当にヒヤヒヤしましたよ。とにかくどこをみてもボロボロだから主人が途方にくれることもありました…(笑)。 約2年かかってこの夏にやっと暮らせるようになり、落ち着いてきたところです。大変でしたが2人ともアウトドアが好きだったのでそこまで苦にならず楽しんでできました。

リフォーム奮闘中!

リフォーム奮闘中!

食事もアウトドア

食事もアウトドア

覆い茂っていた竹林

覆い茂っていた竹林

◆リフォームの際、こだわった所は?
主人の憧れだった薪ストーブを置いたことです。今は薪ストーブにあたりながら窓の外に小鳥がくるのを眺めるのが楽しいです。
低く狭かった天井を崩して高くした際に立派な梁が出てきたのでその梁を生かした所もこだわりです。遊びに来た方々からも「昔ながらの暖かさのある家で落ち着くね」と言ってもらえます。

憧れの薪ストーブ

憧れの薪ストーブ

リフォーム後

リフォーム後

梁を活かした造り

梁を活かした造り

◆近隣の方との交流はありますか?
無理なくいい感じの距離感で接することができています。人が温かく、損得なしで親切にしてくださるので本当に感謝しています。

◆これからこの家でしたい事は?
私は畑仕事や料理、カゴを編んだりするのも好きなので、それを生かして野菜やカゴの販売、あとは食事もできるお店を開こうと思っています。土日のみか予約のみからになると思いますが来年の春に向けて準備をしています。

◆古民家を買おうか考えている方へのアドバイスがあれば?
私たちは親戚も友達も全くいない場所に来たけど、こちらからコミュニケーションをとっていけば受け止めてくれるので、あまり不安だと考えず自分から話しかけてみてください。リフォームも大変だったけど根気強くやれば出来るし、なるようになるんです(笑)。 あまり気にせず田舎暮らしを楽しんでください。

ps10 ps11
Copyright © 2015 Sizento kurasu Co., ltd. All right reserved.

PAGE TOP