トップページ » 体験者レポート » 農業に奮闘中です
体験者レポート 週末田舎暮らし

農業に奮闘中です

 
岡山県の中央部からやや北に位置する美咲町で日々農業に奮闘されている漆原さん。物件を購入されて6年目を迎えられます。漆原さんに現在の暮らしぶりについて取材させて頂きました。

◆現在の生活スタイルは?
岡山市の実家から週3日から4日程度泊まりで美咲町に来て、農作業をして生活しています。今のところ販売はしておらず、知人にあげたり自分たちが食べる程 度の作物しか作っておりません。この物件を2010年の8月に購入して6年目を迎えました。初めは、草刈りばっかりしていましたが、秋くらいからようやく いろんな苗を植え始める事ができました。翌年には2本の葡萄を植えて現在は4本あります。岡山からこちらに来たら、まず40分くらいかけて水をやります。 冬も畑を耕したり作物に肥料をあげたりしますので、年間を通したら半分くらいは美咲町で過ごしています。こちらは空気がおいしくて、朝晩は涼しい風が入っ てきてとても気持ちいいですね。

◆こちらの物件を決めた理由は?
農作業がしたくて畑のある物件を探していました。初めは、岡山市や玉野市あたりで探していたんですが、どれも小さいものばかりでした。なかなか気に入る物 件が見つからず困っていると、家族が田舎暮らしの雑誌で自然と暮らすさんを見つけてきたんです。この物件は、母が先に見に行って気に入ったんです。私もそ の後見に来て、広い土地と寝るスペースのある建物があってすぐに気に入りました。お風呂は付いていなかったので、建て増しして付けたんです。もともとあっ た部屋は、壁や天井に木材を使用しているので、木の香りがして落ち着けます。

【漆原さんの農地】
【漆原さんの農地】

土地に付属されていた作業小屋。 お風呂は追加で建て増しをされ 漆原さんの居住スペースになっています。

土地に付属されていた作業小屋。
お風呂は追加で建て増しをされ
漆原さんの居住スペースに
なっています。

木の香りが漂う室内

木の香りが漂う室内

◆今はどのような作物を?
お米、野菜、葡萄です。今の時期だと野菜は、茄子やおくらやかぼちゃなどいろいろ作っています。葡萄は植えてから今年で5年目を迎えましたが、なかなか難 しかったですね。初めてだったのでいろんな人に作り方を聞きました。特にお隣の方が親切に教えてくれたんです。その方がいなかったら葡萄作りは断念してい たと思います。9月に収穫時期を迎えるんで、今年はカラスや猪に食べられないようにしたいです。

【農業に奮闘中!】
【農業に奮闘中!】

◆近隣の方とのお付き合いは?
年2回、草刈りの共同作業があって、その時はみんなでワイワイしながら作業をします。いつも声掛けしてくれますし、自分の畑で採れた野菜を「食べてみて?」と持って来てくれます。この集落の方は優しい方が多いですよ。

◆田舎暮らしで農作業を考えている方へのアドバイスがあれば?
そ うですね…。当初は野菜や葡萄を猪やカラスに荒らされてしまい、今は防護柵をしっかり作っているんで大丈夫なんですが、集落によっては、その地区をまるご とグルッと柵で囲んでいるところもあります。集落で対策をしているところもあるみたいなので、田舎で農作業を考えているなら、そのあたりも地域の人に聞い てみてもいいかもしれませんね。一生懸命作った作物を荒らさせたらもったいないですから。

 

Copyright © 2015 Sizento kurasu Co., ltd. All right reserved.

PAGE TOP