トップページ » 田舎暮らしQ&A » インターネット環境について知りたい
田舎暮らしQ&A 

インターネット環境について知りたい

 
質問 田舎暮らしをしたいと思っていますが、インターネットの環境が気になります。高速・快適なインターネットは田舎でも利用できるのでしょうか。
答え 近年、インターネットの利用分野が大幅に拡大していることを象徴するように、最近多いご質問です。しかしながら、個別の物件毎に的確にお答えできる情報というものが存在しないのが現状です。

高速インターネット(ADSL・光ファイバー・FTTH・CATVなど 以下ブロードバンドと記載します)の提供者は様々ですが、行政主体のサービスと大手のNTT西日本の情報を中心にまとめておきます。

岡山県のブロードバンドの状況 岡山県情報政策課 ブロードバンド情報

県内におけるブロードバンドサービスの状況(PDFファイル)

岡山全体で見れば世帯カバー率は99%以上
つまり岡山県内のほとんどは何らかのブロードバンドサービスを利用可能ですが、各市町村の全域での利用ができるというわけではありません。細かいエリアで利用の可否が異なっていることに注意が必要です。

岡山県全域 NTTフレッツ光
岡山県全域 YAHOO!BB
津山市 テレビ津山
美作市 フレッツ光
西粟倉村 あわくら光ネット pdf
美咲町 みさきネット
鏡野町 鏡野町有線テレビ pdf

大きい地域格差
こうしてみると、地域による格差があることがよくわかります。
県北中心都市津山市でも、電話局からの距離などの問題で、ADSLも使えず、CATVもサービスエリア外という地域もあります。
総務省のサイトの情報では、2010年をめどにブロードバンドの普及をさらに進めていくとの方針が示されていますが、気になるのは次のような言葉です。
「・・ブロードバンド整備は、引き続き民間主導原則の下、国において適切な競争政策を行うとともに、事業者に対して投資インセンティブを付与することにより、これを促進する。・・」
何を意味しているかというと、事業者の採算に合わないと事業が進まないということです。

今後の希望
ブロードバンドに関しては、今あらゆる研究開発が行われているようです。
光ファイバーが田舎で普及しないのはその敷設費用が採算ベースに乗らないこと。その代替えの技術が期待されます。
たとえば高速無線ブロードバンドなどは既に実用化されているようですし、山岳地帯の電波到達の問題のある地域には、衛星の利用など。さらに電力線の利用は、旧来の無線周波数へ影響が解消されれば期待できますし、今後山間部でもブロードバンド環境は改善されていく方向にあることは間違いなさそうです。

※このページに記載している情報はWEB上で収集したもので、必ずしも正確な内容であるという保証はありません。個別の情報については、各市町村の担当課や事業者への確認をお願いいたします。(平成22年4月15日)

Copyright © 2015 Sizento kurasu Co., ltd. All right reserved.

PAGE TOP